採寸の方法

憧れのウエディングドレス、ハリウッドスターも実際着用している華やかなカラードレス、そんな素敵で大切なドレスをお客様に安心して着ていただくために、採寸に関して以下の注意点がございます。とても重要ですので、必ずお読みください。

1人では正確に採寸できません。必ず2人以上で採寸してください。

お式やパーティー当日に着用する下着を身につけ、お履きになられる靴を履いて採寸してください。

パニエやブライダルインナーをおつけになることを考え、3cmから4cmほどの余裕を持って採寸してください。採寸していただいた数値はそのままドレス製作に使用いたします。特にマーメイドラインをご希望の方は、立ったり座ったりすることなどを考慮し、採寸することをおすすめします。

採寸の方法

下記のUSサイズ表よりご希望のサイズをお作りいたします。お客様にぴったりのサイズがございましたら、サイズをお知らせください。 また、「ヒップ部分をもう少しゆったりさせたい・・・」「ココの部分だけ○○cm」といったご希望も承ることができます。サイズ表をベースとして部分的に調整をしたい場合は、注文時に「ヒップ+5cm」などご指定いただければ、調整いたします。 採寸方法につきましては、サイズの測り方をご覧ください。

サイズの測り方

①身長(ハイヒールなし) ヒールの高さを抜いた身長です。
②ハイヒールの高さ 当日お式などで履くハイヒールの高さです。
③肩幅 左右の肩の端から端までの長さです。
指で肩を押さえて肩骨の外端の位置を確認してから、
一方の肩の 外端から首の根元グリグリの2.5cm下を通り、もう一方の
肩骨の外端に 向かいます。
④バスト 当日着用される下着をつけた状態で胸の外周の一番高いところを測ります。
⑤ウエスト 胴の一番細い部分です。
⑥ハイヒップ ウエストとヒップの中間の位置を一周させて測ります。
⑦ローヒップ おしりの一番高くて、大きい部分を水平に一周させて測ります。
⑧バストポイント間の距離 両乳頭間の距離を測ります。
⑨首の付け根からウエストまで高さ(前) のどの下の首の付け根部分からウエストまでの高さを測ります。
⑩ウエストから床までの高さ(前) 胴の一番細い部分です。
⑪首の付け根から床までの総丈(前) ※通常、首の付け根からウエストまでの高さ(前)+ウエストから床までの高さ(前)=首の付け根から床までの総丈(前)になります。
のどの下の首の付け根部分からウエストまでの高さを測ります。
⑫首の付け根からウエストまでの高さ(後) 背中から見て首の付け根(首の一番下の骨の所 バックネックポイント:BNP)からウエストまでの高さです。 いわゆる背丈です。
⑬ウエストからトレーンの終わり 身長やヒールの高さ、パニエのボリュームによって若干異なりますが、
トレーンの長さ130cmで床に10cmから20cmほど引きます。
トレーンの長さ160cmで床に30cmから40cmほど引きます。
また、トレーンの長さ180cmで50cmから60cmほど引きます。
ドレスをご注文の際に、ご希望の長さをお知らせください。
⑭首まわり 左右いずれかの首の付け根から約2cm上で、一周させて測ります。 (必要がある場合のみで結構です。)
⑮上腕まわり 二の腕の周囲です。(袖付きのドレスをご注文の際のみ必要です)
⑯袖丈 肩の一番端から手首までの長さです。少し曲げて測ります。 (長袖のスタイルをご注文のみ必要です)
⑰アームホール 脇の下から肩山をぐるりと垂直に(腕の付け根周囲)一周させて 測ります。(袖付きのドレスをご注文のみ必要です。)
⑱肩から乳頭までの長さ 肩と首の付け根から乳頭までの距離。
⑲肩からウエストまでの長さ 肩と首の付け根からバストを通ってウエストまでの距離です。 体に沿わせて測ります。